2022年4月面白い保育園が生まれます!







僕は子どもがめちゃくちゃ大好きです。

だからいつか、保育園をやろうと思っていました。

でも、なぜか「よし、やろう!」と動き出したことは一度もありませんでした。

しかし、今回、2022年4月沖縄で絶対に保育園をやると決めました!

僕の名前はてんつくマン。

本名、軌保博光(ノリヤスヒロミツ)その名の由来は天国をつくる人(マン)です。

てんつくマンと名乗ってから20年、ついに見つけました!

今までのてんつく流
天国のつくりかた

死んでから天国に行ってもしょうがない。

生きてる今、住んでいる場所、生まれた国、そしてこの世界を天国にした方が面白い!(でも、何をすれば天国に近づくんやろうか?)と、いつも自分に問いかけ動いた20年でした。

⭐️ドキュメンタリー映画を創って人間の可能性は無限だって伝えたり

⭐️講演やワークショップをして動けば変わるって伝えたり

⭐️コーチングやカウンセリングをして一対一で人に寄り添ったり

⭐️元気が小さくなった人が来たら元気になる「げんきの種むら」という村を作ったり

⭐️環境問題に取り組み、砂漠を森に変えたり、日本の山を手入れしたり、環境意識を高めるために環境新聞を3000万部作って配ったり

⭐️新潟地震、東日本大震災、広島豪雨、熊本地震などでは現場に行って、絶望を希望に変えようと動いたり

⭐️最近では学校に行かないことを選択した子どもたちと沖縄から北海道まで歩く【歩く学校】を主催したり

⭐️性のブロックを外し女性が輝くヒーリングを産み落としそのやり方を伝えたり

⭐️世界を旅しながら世界の素晴らしさを伝えたり

⭐️そして、コロナ後、沖縄に移住し高齢化によって手入れ出来ず、草や雑木がボーボーの畑や果樹園を蘇らせるヨミガエラセ屋を立ち上げ、今、まさかのマンゴー農家(笑)

いろんなことをやってきて、やっと天国の創り方が見つかったのです!

3分から5分、時間を下さい!

2002年に「てんつくマンに名前を変えます!」そう名乗ってから20年目、今めちゃくちゃワクワクしていて「これでみんなで笑える世界が創れる!」と確信している天国はつくるものプロジェクトをやります!

今回のプロジェクトは絶対に現実にし、さらに日本中に広めたい!

僕1人の力ではとても出来ないので皆さんに力を借りたくてこうやって思いを書いています。

2022年4月

自然が豊かな沖縄県南城市で保育園を開園したいとモーレツに動いています。

なんでそんな気持ちになったのか?

それは去年、2人のお母さんが「子どもを保育園に入れたいけど中々入れなくて」という声からでした。

(そうか保育園が必要なのか)

そう思った一ヶ月後、僕の中に電撃の雷が落ちました!

マンゴー作りをお手伝いしに来てくれていた助産師の美和ちゃんがこう言ったのです。

「てんつくマン、保育園をしようと思っているんですよね?」

「うん」

「私、アイデアがあるんですが•••」

「聞かせて」

「おなかの中から保育園ってどうですか?」

「どういうこと?」

「妊娠中から通えて妊婦さんが安心出来る保育園です」

ピカーン!ドカーン!ガラガラドッシャーン!体中に衝撃が走りました!

「それや!美和ちゃん、今、日本に必要なんはそれや〜〜〜!」って南城市の畑の中で大声で叫び興奮しました!

そうなんです、2022年4月に開園したい保育園は妊娠中から通える保育園です!

その名も【おなかの中から保育園】この保育園では助産師さんが常駐していて妊娠中のママに寄り添い妊婦さんの不安や心配をワクワクや安心に変えて行くのです。

多くの子育てをされているママさんがおっしゃるのが「妊娠中や出産後、旦那が忙しくて誰にも相談出来ず、いつも孤独を感じていた」って。

そんな孤独感は時に旦那さんとの不仲やひどくなるとうつ病、またそれは子どもの心に影響したり、ひどくなると子どもを虐待したり、子育て放棄にも繋がっています。

ちなみに今の日本では出産後、ママの7人に1人がうつ病になっています。

いろんな要因によって今、日本の子どもは7人に1人がおなかいっぱいご飯が食べれず、沖縄では3人に1人と言われています。

それで少しでも改善出来ればと毎週金曜日、子ども食堂をやっていました。

問題は虐待する親じゃない

親が子どもを殺めたり、虐待をしたり、子育てを放棄すると、マスコミと一緒にママやパパを責めてしまいます。

でも、テレビの前でニュースを見ながらそんな親たちを責めたところで問題は何にも解決しないのです。

つまり、今、僕たちは問題解決が出来ないことを数十年もやっているのです。変わる必要があるのはママやパパではなく、日本の子育てのシステムなんです。

遠い遠い昔から人間は子ども一人を育てるのに、お父さんやお母さんだけではなく、おじいちゃんおばあちゃん、そして悪いことをしたら叱ってくれる近所のおっちゃんや、顔を見るたびに飴ちゃんをくれた面倒見のいいおばちゃんなど、ご近所さんや村の人たちに育ててもらいました。

それは大袈裟に言うと縄文時代の時から総出で一人の子どもを大勢の人で育ててきたのです。

それがマンションやアパートが出来るようになって人類が初めてお父さんとお母さんだけで子育てをするというやったことがないことが始まったのです。

だから、いろんな問題が起こっているんです。


ひとりの子どもを育てるには
100人の村人が必要

インディアンは『ひとりの子どもを育てるには100人の村人が必要だ』と言います。

まさにそうやって何万年もひとりの子どもを多くの人で子育てをしていたのが、戦後、日本人は初めてお父さんお母さんだけで子育てすることになってしまっているのです。

⭐️例えば料理を作ったことがなく、包丁の使い方も分からないAさん。Aさんが1人で料理をするのと、100人の師匠が教えてくれながら料理する、どっちが美味しい料理が出来るでしょう?

⭐️例えば釘の打ち方も分からないBさん。そのBさんが家を建てろと言われて家を建てることが出来るでしょうか?しかし、100人の大工さんが手伝ってくれるならば家は簡単に建つでしょう。

子育てもまさに同じです。

専門家や、子育ての経験者が周りにいっぱいいて支えたら子どもたちはスクスク育って行くのです。

子育てはとてもとても難しいことです。

それをパパとママだけで育てることが当たり前になってしまったことが問題で、それによって多くの歪みが次々に生まれているのです。

あなたは幸せですか?の質問に96%が「幸せ」と答える国フィジー

僕はフィジーに半年住みました。

それはフィジー人が「あなたは幸せですか?」の質問に「幸せよ!」と答える人が96%もいると聞いたからです。

ほんまかいな!と天国のつくり方をフィジーに学びにいきました。

フィジーという国は貧しい人がいっぱいでした。

しかし、赤ちゃん連れのママがバスに乗ったら必ず知らないおばちゃんが赤ちゃんを抱っこしてくれます。

食堂で知らないおっちゃんに「BULA!(こんにちは)」と笑顔で挨拶すると凄い確率で「飯一緒に食うか?」っておごってくれます。

スーパーで買い物をしてレジに並んだ時だって小銭が足らないと思ったらその人は自分の後ろに並んでいる人を見ます。

すると後ろの人が「いくら足らないの?」って小銭を出してくれます!

なんじゃこれ!もうカルチャーショックでした。

なんでこんなことが起こってるんだ?フィジーには【ケレケレ】という文化が残っています。

それは、「あなたは私、私はあなた」つまり、あなたの苦しみは私の苦しみ、だから、あなたの膝小僧から血が出ていたら絆創膏を貼ってあげるのは当たり前という考え方なんです。

なぜ、フィジーの人が「幸せよ!」と答えるのか?それは困っている時に誰かに「ケレケレして(助けて)」ってみんなが言うからなんです。

「今日、お金がなくて晩御飯が食べれないからケレケレして」

「いいよ、今夜、うちで一緒に食べよう!」

こうやって助け合うことでみんな幸せになっていたのでした。

天国のつくり方は「助けて」って言える環境をつくることやったんです。

今回、おなかの中から保育園では【ひとりの子どもをみんなの子ども】として捉え、園長、保育士さん、助産師さん、看護師さんなどスタッフ、そしてママやパパ、近隣の皆さんと一緒に育てていこうと思っています。

子どもの問題を解決するためには、妊娠中から未来のママを手厚くサポートすること。

そして、出産後もママをみんなで支えてゆくこと。

ママの心が安定していたら、パパも子どもも幸せです。

そうやってママを支えることで笑顔がいっぱいの家族を支えていきたいと思っています。


天才が天才であるために

【理念】

ケレケレの精神を大切にします。

ケレケレとはフィジーの助け合うという文化で沖縄のゆいまあるに似ています。

困った時に「ケレケレして!(助けて)」というと「OK!」って見ず知らずの人同士が助け合ってゆくのです。

ケレケレの文化が生活の中にあるフィジーでは

「あなたは幸せですか?」と質問すると96%が「幸せです」と答えるのです。

【保育理念】

赤ちゃんはあきらめることを知りません。寝返りだってハイハイだって立つことも歩くことも、何度失敗しても諦めず夢を叶えてきました。

そのやりたいことに挑戦する心、あきらめない心、そしてそれを応援しあう優しさを育てることを目標にします。

【保育目標】

⭐️一人一人の個性を大切にし、例え発達がゆっくりの子ども達にも「この子はなんの天才だろう?」「この子はなんのスペシャリストだろう?」と問いかけながら寄り添い、その子の素晴らしさを見つけ伸ばして行きます!

【保育内容】

⭐️基本的に1日中、森の中で遊びます。

・自然の中で水、土、火を使って遊びます。

・異年齢のとの交流から思いやりを育てます。

・畑作りで命がどうやって育つのかを学びます。

・童歌遊びや読み聞かせで知識を身につけます。

・毎朝散歩で地域の方とお友達になっていきます。

・生き物を飼って命の大切さを学んでいきます。

【対象児童】

おなかの中から5歳児

0歳児のお預かりは生後6ヶ月後からとなります。

また、将来的には学校に行かないことを選んだ子ども達もお預かりする予定です。


夢は全都道府県に
おなかの中から保育園

おなかの中の保育園では、妊娠中からだけではなく、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている女性も通うことが出来ます。

この保育園で赤ちゃんを抱っこしたり、おしめを変えたり、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたりすることで女性ホルモンが活性化し妊娠しやすくなるのです。

保育園に助産師さんが常駐して、妊婦さんや子育てママをサポートする体制の保育園が日本全国に増えること、それが僕たちの夢です。

今回、新規参入の場合、国、県、市から助成金などがないことを伝えられました。でも、僕たちはそんな支援がなくてもやっていこうと決めています。子どもの保育費だけでは回らないのが保育園。そこで独自の集め方をしています。もしも心が反応したらポチッとクリックよろしくお願いします。


  

一緒に夢を叶えてくれる
【おなかの中から保育園応援委員会募集!】

この大きなプロジェクトは僕たちの力だけでは実現しません。

ぜひ、あなたの力をお借りしたいのです。

おなかの中から保育園ではオンラインサロンを開設しています!このオンラインサロンにぜひとも入って頂きいたのです。

この売り上げは全額おなかの中から保育園の準備費、運営費、人件費として使わせて頂きます。


 

頭パッカーンって常識が変わるオンラインサロンです!

人生が楽しいという人とつまらないという人の大きな違いは常識の中で生きているか、オリジナルな生き方をしているかです。

【常識】を辞書で調べたらこう書かれていてビックリしました。

【常識*ありふれた意見】ありふれた意見!なんじゃそれ!そうなんです。

ありふれた意見の中で生きようとするからつまらなくなってしまうのです。

このオンラインサロンでは毎週火曜日21時から生放送でオンラインライブをします。

このオンラインサロンでは毎日動画がアップされたり生ライブが行われます。

出演は

⭐️バンダイが倒産の危機にたまごっちを作りバンダイを蘇らせた森野熊三こと福島正伸さん

⭐️日本一子ども達を甲子園に導いているメンタルコーチの大嶋啓介さん

⭐️この人の話を聞くと歴史が大好きになる白駒妃登美さん

⭐️出版した本は55冊というベストセラー作家の山崎拓巳さん

⭐️社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わったの著者の香取 貴信さん

⭐️世界一のディズニー研究家の加賀屋 克美さん

⭐️日本中を感動の渦に巻き込む講演家・香葉村 真由美さん

⭐️ダメサラリーマンから一転、凄い手帳によって奇跡を起こしたしもやんこと下川浩二さん

⭐️超人気占い師の崔 燎平さん

⭐️フルマラソンを100日連続走った世界一走る書家の上山 光広さん

⭐️アロマのことならなんでもお任せアロマ王子こと赤星頼信さん

⭐️10年間、虐待された子どもたちや行き場のない子ども達を支え続けている板倉 未来さん

などなど、セミナーで話して下さってる内容を話して下さっています。 ⭐️また発達障がいのことを勉強する番組もあります。 オンラインサロンの中で楽しみながら夢を叶えてゆく方法!

発想がぶっ飛んだ経営者の話!

常識に囚われず奇跡を起こした歴史上の人物の話が聞けます!

このオンラインサロンから、好きなことをめっちゃ楽しんでいたらそれで飯が食えるようになるエンターテイメントビジネスという文化を広げたいと思っています。



奇跡は起こるものではなく創るもの!

このオンラインサロンに入ると【笑い楽しみながら動くと奇跡が起こること】を体験することが出来、人生に奇跡を起こす「創り方」を学ぶことができます

起業したい人にとってアイデアが満載なので必ず未来の力になる内容になっています。

また、今、会社を経営している方も売り上げが上がったりスタッフが仲良くなる事業のヒントも学べます。

そして、参加して下さった皆さんには保育園が出来たときに一緒に感動を体験して頂きたいと心から思っています。

おなかの中から保育園を応援するオンラインサロン!ぜひ、あなたの参加をお待ちしております!


応援方法

ぜひ、あなたの力をお貸しください。

【参加方法】

⭐️オンラインサロン応援委員会に入る。

⭐️コラボ108でてんつくマンやアーティストとコラボして売り上げを上げて募金する。※自分が出来ることで売り上げを上げ寄付するのがコラボ108です。参加するとてんつくマンのインタビューに答え、それがFACEBOOKやInstagramで放送されます。

⭐️YouTube番組【子どもTV】などをチャンネル登録してワクワクして観る。

⭐️てんつくマンのトークライブを主催する、トークライブに行く!

⭐️書き下ろしオンラインライブで作品を買ったり書き下ろしを頼む。

⭐️てんつく主催ファスティングに参加する!参加費は全額保育園に寄付されます。

⭐️デザイナー、イラストレーター、企画運営スタッフとして参加する。


おなかの中から保育園応援委員会オンラインサロンに参加するあなたは

起業したい人にとってアイデアが満載なので必ず未来の力になる内容になっています。

また、今、会社を経営している方も売り上げが上がったりスタッフが仲良くなる事業のヒントも学べます。

そして、参加して下さった皆さんには保育園が出来たときに一緒に感動を体験して頂きたいと心から思っています。

応援します。
で、結局、いくらなの?

そんな声も聞こえてきそうなので、今回のおなかの中から保育園応援委員会オンラインサロンの参加費についてお話ししたいと思います。

このおなかの中から保育園応援委員会オンラインサロンの内容は、お伝えした通り、豪華な内容となっております。

この内容を学ぶことで、【笑い楽しみながら動くと奇跡が起こること】を体験することが出来、奇跡の起こし方を学ぶことができ、より豊かな人生を歩むことができるようになるのです。

しかも、ネットが繋がる環境であれば、何度でもどこでも視聴することができるおなかの中から保育園応援委員会オンラインサロン。

ですから、てんつくマンを含め、豪華ゲストの皆さまのリアルセミナーの参加費は3000円〜10万円を超えることもある内容な上に、復習も出来るのでそれ以上の値段にしようか迷いました。

しかし、これからおなかの中から保育園応援委員会オンラインサロンでエンターテイメントビジネスを一緒に学んで、将来の子どもたちのために応援したいという思いがあります。なので月額なんと888円(税込)にさせていただきました。

そして、このおなかの中から保育園をもっと応援したいという方はスペシャルサポーターさんとして月額8,888円(税込)円とさせていただきます。

スペシャルサポーターさんは保育園が出来たときの看板に個人名や会社名が記載されます。

今回、僕たちは初めての保育園なので実績もありません。

なので、市や県や国からの補助金はありません。

ある意味、この皆さんのこの応援して下さる資金が補助金のような形として受け取り、保育園が運営してゆくことが出来ます。

今回、ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

もしも、心や魂が反応していただけたのであれば、ぜひ、応援委員会、もしくはスペシャルサポーターさんとなってこのプロジェクトを応援よろしくお願いします。

※おなかの中から保育園のLINE公式アカウントに飛びますので、お友だちになってご申請お願いいたします。

メール問い合わせはこちらから

よくあるご質問

Q.どうすれば参加できますか?

A.サイト内の「おなかの中から保育園を応援する」のボタンをクリックし、決済をお済ませください。

決済が完了すると記入したメールアドレスへ5営業日以内にメールが送信されます。そのメールにFacebookグループのURLが記載されておりますので、そちらへ参加申請を送りください。

メールが届かない場合は、迷惑メールに分類されてないかをご確認の上、運営事務局へお問い合わせ下さい。

運営事務局Facebookページ





Q.Facebookに登録していないのですが参加できますか?

A.アクティブなFacebookアカウントがないとサロンの特典を受けることができません。また、プロフィールの記載がない、写真がない、本名で登録していないなど審査の判断が付かない場合は入会をお断りする場合があります。なので、Facebookの登録をお勧めいたします。

寄付のみでのご参加も歓迎いたします。



Q.決済用のクレジットカードを変更したいのですが、どうすればよいのですか?

A.個別に対応させていただきます。運営事務局へご連絡下さい。



Q.退会したいのですがどうすればよいですか?

A.サロン事務局までご連絡ください。なお、ご自身でFacebookグループを退会するだけでは決済は停止いたしませんのでご注意下さい。




ぜひ応援をお願いいたします。

※おなかの中から保育園のLINE公式アカウントに飛びますので、お友だちになってご申請お願いいたします。

メール問い合わせはこちらから